外出を支援する総合的なサポート窓口 杉並区外出支援相談センター もび~る

付添サービスの種類と事業者

付き添いの種類と事業者

いったいどんなサービスがあるの?

A. 制度を使う付き添い

外出の際の介助は、介護保険や障害者総合支援法等の制度に組み込んで利用することができます。どのようなサービスが利用できるかは、身体などの状況により異なり、また、利用目的によって制限があります。

B. 制度を使わない付き添い

介護保険や障害者総合支援法の利用を検討したが、制度内には納まらないという時があります。また、介護認定を申請する程の身体状況ではないが、一時的に付き添いが必要な方もいます。その場合には以下の4つのタイプの付き添いの中から自分にあったものを探します。
付き添いを依頼できる事業所・団体がいろいろありますが、選ぶ時の大きなポイントは、「有資格者による介助が必要か、家族ができる程度の見守りでいいのか」です。
事業所や団体の対応できる内容、料金、利用手続きなどを確認し、自分の外出に合ったサービスを選んでみましょう。利用にあたっては、それぞれの事業所・団体のコーディネーターが身体状況・ご希望を聞き取った上で手続きを進めます。

1.訪問介護事業所・障害福祉サービス事業所の自費サービス

こちらは、介護保険の訪問介護事業所・障害福祉サービス事業所のヘルパー(有資格者)です。制度でカバーされないため、全額自費となります。
料金は事業者によって異なります。介護認定を受けている方の場合、いつも利用している事業所のヘルパーも利用できますが、別の事業所を選ぶこともできます。

2.介護保険・障害者総合支援法を取り扱わない事業所による介護サービス

こちらの介護サービス事業所は、介護保険事業・障害福祉サービスという制度による事業は行っていません。付き添いとの契約となる人材紹介サービスを含みます。介護の資格を有しない者が付き添う場合は、見守り程度の付き添いとなります。

3.非営利団体が行う住民同士のささえあい活動

こちらはサービスというより活動です。社会福祉法人・公益社団法人・特定非営利活動法人(NPO法人)・生活協同組合などの営利を目的としない各団体が、地域に暮らす住民同士の互いのささえあいをコーディネートしています。料金は団体によって異なります。介護の資格を有しない者が付き添う場合は、見守り程度の付き添いとなります。会員や組合員を対象とした事業の場合は、会費などがあります。

4.ボランティア活動(無償)

ボランティアセンターが呼びかけて募る無償のボランティアです。多くは介護の資格を有しない者が付き添い、見守ります。無償ですが、交通費などの実費は必要です。

名称未設定-2

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+


 


 


 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.