外出を支援する総合的なサポート窓口 杉並区外出支援相談センター もび~る

付添サービスの種類と事業者

付添サービスの種類と事業者

いったいどんなサービスがあるの?

(1)制度を利用する

◆介護保険の訪問介護事業者・障害者福祉サービスの居宅介護事業者

外出の際の介助は介護保険や、障害者総合支援法の制度に組み込んで利用することができます。どのようなサービスが利用できるかは、身体などの状況により異なり、また、利用目的によって制限があります。

(2)制度を使えない時に利用する

1.訪問介護事業者・居宅介護事業者など

介護保険の訪問介護事業者・障害者福祉サービスの居宅介護事業者のヘルパーを、全額自費となりますが、利用することができます。料金は事業者によって異なります。いつも利用している事業者の慣れたヘルパーを利用できますが、別の事業者を選ぶこともできます。

※一部、介護保険事業・障害者福祉サービスは行っていない事業者や、高齢者向け人材紹介サービスも含みます。介護の資格を有しない者が付き添う場合は、見守り程度の付添となります。

2.非営利団体

社会福祉法人・公益社団法人・特定非営利活動法人(NPO法人)・生活協同組合などの営利を目的としない団体の付添サービスがあります。料金は団体によって異なります。介護の資格を有しない者が付き添う場合は、見守り程度の付添となります。会員や組合員を対象とした事業の場合は、会費などがあります。

3.ボランティア(無償)

社会福祉協議会 杉並ボランティアセンターが呼びかけて募るボランティアや、非営利団体が、限定的に行うボランティア(無償)があります。介護の資格を有しない者が付き添う場合もあり、見守り程度の付添を中心としています。

名称未設定-2

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+


 


 


 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.